引越の手順の最近のブログ記事

引越し先には新しい家具を使うべき

引越し後の家具の配置を最初で想定しておくことが重要になります。引越し後の新居の間取りを早めに確認して、どのような場所に家具を並べていくと使いやすくなるのか想定しておきます。

または、現在使っている家具類の一部を処分して新しく買い替える考え方も有効です。つまり引越しを期にリフレッシュをする考え方です。
ダイニング1.jpg
引越しは仕方なく移動することもあれば、新しく生活を変えて気分一新を考えている場合も多いはずです。引越し費用に余裕があるのであれば、家具類を処分して新しく買い替える考え方が有効です。

場所が変わっただけではなく、身の回りの物が新しい物に変わることによって楽しく生活を始めることができるはずです。その第一歩として、長年使っている家具類の処分からはじめます。

地域の粗大ゴミの回収日に合わせて予約を入れておけば処分することは可能ですが、ある程度のお金で買い取って貰える可能性がある使える物に関しては、リサイクルショップを回る対策もあります。

ただ、家具などを移動するのはかなりたいへんな作業となってしまうことから、リサイクルショップの買取価格が非常に低い場合でも仕方なく処分してする決断を迫られます。そのような手間をかけて割に合わないお金を手にするくらいなら、粗大ゴミで処分した方が良い場合が多いのです。

一人暮らし 引越し ダンボール 何個ぐらい必要なのかをチェックしておこう!

タンスの中身は段ボール箱に取り出すように

引越しを予定している時には大量の作業をする必要があるので、仕事が終わると早めに帰宅して作業を開始することが重要です。お酒を飲んだりすると、やる気が減退して引越し作業を後まわしにしてしまいます。

引越し前日あたりまで梱包作業が進んでいないと、当日に非常に苦労する事になってしまいます。例えば、タンスの中に物が入った状態で移動するのは非常に困難なので、引き出しを抜いた状態で移動したりします。

このようにすると、トラックに積載する時にも何度も手間がかかってしまうし、途中で引き出しを落として中身が外に落ちてしまう可能性もあります。
タンス.jpg
段ボール箱に梱包するのはこのようなトラブルを防ぐ意味があるので、やはり早い段階でタンスの中身は全て段ボール箱の中に入れ直しておく必要があります。

最近ではプラスチックケースに衣類などを詰め込んでいる場合が多いですが、このような衣類ケースもまとめて持ち上げるとかなり重くなってしまうので、ケースの中身を段ボール箱に分けて持ちやすい状態にしておくことが重要となります。

段ボール箱は、ある程度の重さ以上には詰め込まないようにします。余りに重いと底が抜けてしまうことや、一人で持ち上げられない物は作業時間が更にかかってしまいます。

女性が引越しを想定するときには

a0001_017040.jpg

女性が一人暮らしなどをしている場合、引越し業者に作業を依頼する時には、作業内容を良く確認することが大事です。特に問題になってくるのは、エアコンの取り付けと取り外し。

そして、テレビのアンテナの取り付けと取り外しとなります。電化製品の配線に関して女性がなかなか分からない部分も多いので、そのあたりを引越し業者のスタッフがやってくれることと助かるのです。

実際に、テレビのアンテナに関してはオプションサービスとなっていますが、一人暮らしをしている女性などに関しては無料でサービスしてくれる可能性があります。その分だけ、引越し費用の値引きはない場合が多いですが、オプションサービスを無料にしてくれるので結果的には総合的な引越し費用は安くなります。

そのあたりを想定しながら引越し業者を選んでいけば、必要な作業を全て依頼して安い見積もりの金額に抑えることができるはずです。

引越しをするときには、多くの業者に見積もりを出してもらう事が重要ですが、単身でひっこしするときには単身パックなどを利用する対策も有効です。

家具類がかなり限られている場合には、知り合いに依頼してトラックを手配して引越を終わらせてしまうという考え方も可能となるはずです。

引越し 近距離 料金を知っておこう

引越し業者のサービスとコストを考える

5f6e23271ce6e42f6d35c3e7308a023a_s.jpg

運送関連の業者に引越しを依頼するときには、一般的な引越し業者よりも価格が若干安くなる可能性があります。引越し業者は、ルートの運送をメインとしているため、そのメインのルートに、引越しの道具を積載して運ぶ事が可能となります。

つまり、長距離トラックを別途用意せずに自前で毎日使っているルートを使う事が可能となるので、コストを下げることが可能になります。

そのあたりを考慮していくと、サービスを重視するなら引越し業者を利用し、引越しの距離が非常に遠いのであれば運送業者を使った方がメリットが高いことになります。

価格的な違い等も、担当者の見積書をチェックしていけば違いが分かるようになります。また、引越し業者にも長距離の場合には運送業者よりも価格が高い事を事前に話しておけば、割引してくれる可能性もあります。

このあたりの価格交渉は、どちらから先に見積もりを出すかがポイントとなります。1日で多くのお金を支払うことになるので、少しでも安い引越しをするために情報を集めてより良い状況で引越しを依頼する事が重要となります。

この時考える事は、出来るだけ業者に依頼する物を減らすことです。例えば布団や、カーペット、カーテンやその他の衣類など、小さく折りたたんで移動できる物は自前でやってしまうことです。

引越し後に案外役立ちました。

ダンボール1.jpg

引越しの為に自分でたくさんの段ボールを用意したのですが、段ボールって引越し業者がくれるんですね。あちこちで大きな段ボールをもらってきちゃいました。一応引越し業者の用意してくれる段ボールには上限があるみたいなので、まったくの無駄というわけではなかったんですが、ちょっと損した気分でした。
単身パック 近距離 料金について
で、そのたくさん用意した段ボールなんですが、せっかくなのでかなり細かく分類して色々詰めました。食器類でもお皿とコップを分けたり、本も文庫と雑誌、専門書で分けたり無理やり使いましたよ。それでも全部使うことはありませんでしたが、少しは気が晴れました。

そんな感じで無理やり段ボールを使ったわけですが、これが引越し後にけっこう功をそうしました。やたら細かく分けたおかげで片付けが非常にスムーズに終わったんです。どこに何が入っているのか一目で分かりますし、余計な物が入っていない為に部屋が散らかるなんてこともありませんでした。

引越しはする前よりもした後の方が大変ですよね。なので、これはけっこうおすすめ出来ます。あっという間に片付けが終わりますし、しばらく使わないであろう物はまとめてしまっておけますのでかなりおすすめです。良かったらやってみて下さい。

段ボール箱にはどんどん書き込みをしてみて

e376194eb13307b41d259c1787953a21_s.jpg

引っ越し荷物を段ボール箱に詰めるにはコツがあります。もちろん使っていないものから順々に段ボール箱に詰め込むのは当たり前ですが、それだけじゃありません。引っ越し用段ボール箱には余計なことが書いてないので、小さな印でもいいからどの部屋にあった荷物なのか目印をつけておけばいいのです。

スーパーマーケットやドラッグストアでもらってきた段ボール箱には商品名やらいろいろ書いてあるので、目印程度ではダメです。そういうゴチャゴチャ印刷されている段ボール箱の場合は、大きくマジックでどこの部屋の荷物か書いておくことです。これをしないと後々困ったことになりやすいです。

話は戻りますが、引っ越し業者から頂く段ボール箱は比較的スッキリしているのでちょっとした目印でもいいですが、できたら目印の他にも中に何が入っているのか大まかに記しておくともっと安心です。衣類の場合は誰の衣類なのか、夏物なのか冬物なのかどの季節に着る衣類か記しておくとあとで助かります。

段ボール箱に直接書き込むことに抵抗があっても、段ボール箱は使い回ししないのでどんどん書き込んでいいです。スーパーなどの段ボール箱には太い油性ペンで大きく中身を書いておくといいです。

引っ越しの手伝い

和室1.jpg

アパート 引越し 料金ってどれくらいかかる?

親戚が定年を迎えたことによって、田舎へと帰ってくることになりました。なるべく費用を抑えたいと知り合いの業者へ依頼、そして積み下ろしは我々親戚一同へ手伝いの依頼がありました。当然断る理由はなく、その日に向けて準備をしておくのです。そして当日を迎え、親戚の家へと出向きました。朝早くの到着するとのことで、早朝6時にはみんな揃って業者の到着を待ちました。少し寝ぼけ眼の中待っていると、トラックが見えてきました。そしていざ荷物の積み下ろしが始まります。男性陣は大型家具や電化製品を担当、女性陣は持ち運び可能な軽めの荷物を運び出します。入り組んだ場所なので、トラック近くまではこれません。そのため軽トラックが力を発揮します。たまに引越しの手伝いをすることもあるのですが、人が生活するのにはこれだけの荷物が必要なのかと驚かされます。途中からは、全員が作業に集中しはじめ加速していきようでした。そんなこんなで約2時間の作業を終え、用意されていた料理などをごちそうになりました。結構な豪華版で、朝っぱらからの大宴会はこれからの付き合いを良好にしてくれるものと感じることができたのです。帰り際使わない家具などをもらうことができ少し得しました。

引越し荷造りは百円グッズを駆使しました

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s.jpg

以前行った引越しのとき、布テープが重宝しました。ガムテープというのは荷造りをするうえでは欠かせない必需品ではありますが、布テープなら手ですぐ切れるし粘着力はガムテープほど強くない分、荷解きの時も簡単です。ですのでガムテープはほとんど使わず布テープで順次荷造りを行っていきました。
この布テープは百円ショップで購入したのですが、百均グッズには他にも荷造りに使える便利なものがたくさんありました。例えば布団を圧縮できるような大きなサイズではありませんが、小ぶりの圧縮袋が売っていたのでバスタオルや冬物のかさばるコート類はすべてその圧縮袋に詰め、嵩を減らすことが出来ました。もしかしたらこの圧縮袋が荷造りに一番役に立ったかもしれません。何しろそのままだと一人では運べないような衣類が圧縮袋に入れるだけで片手で運べるほどのサイズにまでなったのですから、もしこれがなかったら荷造りや運搬に倍以上手間がかかっていたかもしれません。
さらに百均グッズのビニール紐や結束バンド、ブルーシートなども駆使しながら荷造りや運搬を行いました。
このように荷造り用のものは百均で揃えることが出来たため、費用もあまりかからずラッキーでした。

引っ越しは断捨離の最大のチャンス!

私は過去4回引越しを経験しました。
引越しをする度に新居に持っていくもの、不要になったものの選別をすることになるのですが、
なぜか毎回毎回たくさんの不要なものがでてきます。
引っ越しした当初は確かに必要なものしか持ってこなかったはずなのに、知らず知らずのうちに
不要な物をどんどんためながら生活しているのです。

普段生活していく中で意識して不要なものを持たないようにしていても、家族がいつのまにかしまいこんでいたり、
またいつか必要になるときがくるかもしれないと保管していたりするものがたくさんあるのです。
これらをなんとかしなければ引っ越しをするたびに荷物が増え、ますます引っ越し作業も大変になってきてしまいます。
9a7d7fc9cfcd90ff84c30941571d2264_s.jpg
そこで私は引越しを最大のチャンスととらえ、断捨離を始めることにしたのです。
断捨離をする上で私が決めたルールは一つだけ。
「新居に持って行ってそれを使っている姿を想像出来るか」
このルールで仕分けを始めました。

まだ使える食器や文房具類もたくさんありましたが、それを新居で使っている姿を想像した時に、全くイメージできなかったり、食器棚の奥にしまいこんでしまいそうなものはもったいないとは思いましたがすべて処分しました。
思い出の品や、本などはまだまだ思いきれないところがたくさんありましたが、日用品に関してはこの方法でずいぶん断捨離することができ、引っ越しの作業もはかどりました。

そしてすっきりとした新居での暮らしは想像以上に快適で、断捨離したもので後悔したものは今のところ何もありません。
これからも引越しの度に断捨離を進め、よりいっそうすっきりとした暮らしが出来るようにしてきたいです。

1万以内で単身引越しをするコツ

企業が行うオフィスの引越し

一般的な個人単位の引越しと共に、企業がオフィスの引越しを行う例も多く見受けられているのではないかと推測されています。拠点を他の場所に移動させることが高い頻度で行われるようになり、幅広い業界に在籍する企業によって実践されているのではないかと思います。昨今は会社の事業規模の拡大や、拠点自体を異なった場所に移すことを目的として、こうしたオフィスの引越しや移転が実現されていると考えられています。全国的な規模で、このような傾向が強く見受けられるようになりつつあるため、関心の度合いが高められているのではないでしょうか。

dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s.jpg
オフィスを移転することで、効率的な業務が可能になるケースも多く見受けられてきているのではないかと考えられています。そのため、個人の引越しと同様にして、多彩な目的のもとにオフィスの引越しに関する動きが生じていると言えるのではないでしょうか。また、引越し自体の計画も、長期的な視点で考えられることが前提となっており、場合によっては1年以上前からオフィスの引越しの詳細が詰められているのではないかと思います。今後もこのような企業のオフィスの引越しの動きが、より活発に見受けられるようになるのではないかと推測されています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち引越の手順カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは引越し日記です。

次のカテゴリは新婚の引越し費用です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.3