不動産屋さんの契約させるための・・・

a0055_000394.jpg

私は過去に多くの引越しを経験しています。それは全て若い頃の話なのですがあるある的な(今ではどうなのかわかりませんが
)お話をしたいと思います。新しく住む部屋を決めるときにまずは私の場仕事の通勤の便宜も考えて大まかにどの辺にするかをまず決めます。それから自分の希望する家賃を考えていきます。そして大体の希望地の近くの不動産屋さんに飛び込みで相談に行くというのが私の方法なのですが、過去に数回同じ経験をしました。それは不動産屋さんに相談にいくとだいたい決まって若いきれいな女性が対応してくれました。そしてすごく親身になって相談にのってくれて条件の合う部屋が見つかると現地まで下見に一緒にいったりするのを何回か繰り返していました。当時私は若く独身だったのでそんなことを繰り返すうちにその担当者さんに思いを寄せてしまいました。そしていろいろな部屋を下見に行くのが楽しみになっていました。担当者さんも仕事を土返ししているように私のプライベートなどをいろいろ聞いてきてすごく楽しく接してくれるのです。部屋探しもうそうなのですがその担当さんに合うのが目的のようになっていました。ある日きれいでかわいい担当者さんに部屋の下見に行く途中に思い切って「ご結婚はされてますか」と聞いてみました。すると申し訳なさそうに「ハイ・・・。」とうつむきながら返事をしてくれました。これも商売のひとつなんだとその時は感じました。(考えすぎ?)そんな若い頃のお話でした。

このブログ記事について

このページは、白髪染めでキレイを手に入れようが2016年9月 1日 16:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「関東から四国へ。」です。

次のブログ記事は「引っ越しバイトというと、気を付ける点を上げてみました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.3