地図を見て

c57af228819f7b67d98b55005926b9be_s.jpg

昨日は地図を見ました。家で寝る前に15分程度の時間を設けた際、何を読もうかと悩まず選んだ結果に、私は日本地図を手に取ったのです。
地図に目を通すと、あの地もこの地も言ってなかったと気がつきます。その流れは、あの時行けばよかったな・・。とか、行けたのに行かなかった場所があったな・・。こんな風に、悔いが残っていたこと、色々思い出せたのです。
<旅の恥は掻き捨て>なんて言葉は、当てはまりません。今後に悔いのない人生を送るための、それらはヒントとなるはずです。後々悔いが残らない人生は、満足度が高い生き方だと考えたのです。

引越し 単身 市内 相場ってどれくらい?
こんな私は,JAPANが大好きです。早い段階で海外にも好奇心を抱けばよかったのだけれど、今のところは海外旅行も海外への移住も全く予定に無いのです。
それでは、現時点での引っ越し候補地として、実際に自由な観点&発想で、ほんの一部を列挙してみます。下北半島の横浜町、新潟県佐渡市の佐渡空港近く、岡山県の姫路市。もっと沢山、物凄い勢いで羅列するぐらいの気合いがあったけれど、厳選してピックアップするとなると、かなり慎重になってしまった結果なのです。20や30、地図を見ただけで拾い集められると思っていたけれど、実際に住むことを考えた場合には、やたらな所に住所を移せないこと、学べたのです。
今まで生活してきた現在の住所も、やはり比較的良いのであれば、簡単には手放せない住所なのかもしれないなと改めて感じている段階です。今、目の前にあるものたち、それらについても何かの御縁が有っての事だと考えます。自分の思い込みも再度、改める必要性も無いとは言えない事なのです。まとめとしては、ややこしくなってきましたが、ストレートなままに書いてみたつもりなのです。

灯台下暗し

ecd92830763daadbecce98a9e9feb66a_s.jpg

<灯台下暗し>と言われています。傾向というか、よくある話というか、大切な身の周り、気がつこう!って言う感じかなと解釈してしまいます。物事の捉え方は、人それぞれです。正しい解釈と間違えている理解、他には惜しいけれど若干ズレている解釈、こういった3つに分類できると考えています。
今日の私は、自分ひとりだけが早起きしてしまい、少し心寂しい気持ちです。一緒に住む、残りの2人は深く眠ったままです。私は間違えてなくても、2対1の比率であるため、多数決の考え方では負け側になってしまいます。どんなに正しい早起きだとしても、2対1の場合は説得力がないと言えるのです。
日本なんて、こんなものだと思うのです。さも、多数派に居る者が正しいかのように見えてしまいます。少数派に属する人間が損する場合が多いのではないかという目線を書いておきたいのです。こういう背景があるからこそ、<つるむ>という日本語が出てきたように感じます。<連なる>が変化した言葉が<つるむ>だと思っています。<連れ立って何かをする。>漢字表記を考えても、おおよその考えとしては、良いのだと感じます。
<灯台下暗し>その言葉から、ご近所さんとの関わりを今以上に大切に扱うべきだな!そう感じ、文字に変えておきたかったことが、日記を書こうと考えたキッカケです。ところが、望むこととは真逆に御近所さんとの関係が、うまくいかない場合もあるのです。人間関係とは相性も重要となるようです。無理することが危険です。よほどウマが合わない場合には、最終手段として【余儀なく、引っ越しすること】を選ばざるをえないのです。
この世には、知らぬが仏なんていう言葉も有ります。やたらなことに関わることなく、逃げるが勝ちのパターンも探りながら生きて行くのもありなのかなと考えたのです。あんまりオススメでは有りません。

引越した先には誰も住んでいません

| コメント(0)

私はずっと住んだアパートを出て、もっと新しいアパートへ引越したのです。でもそこへ行って驚きました。そこには誰もいないのです。
引越し業者さんも言っていました。「とても静かなアパートですね」それもぞのはず、誰も住んではいなかったのですから。
私は軒数分の挨拶の品を持って、一軒一軒回ったのです。でもどこも誰も住んではいませんでした。なんとこの二階建てのアパートに住んでいるのは、私だけだったのです。
まだできて一年も経っていないアパートです。とてもきれいで、家賃だって相場よりも安かったのです。それなのに、なぜか誰も住んでいません。
これはとても不思議な事だと思います。管理会社に聞いてみたのですが、まだできたばかりだからだと言われました。それしか言われなかったのです。
でもここはとても交通機関も充実しているし、スーパーもいくつもあります。とても住みやすいところなのです。
それなのに、これはとても怪しいと思います。誰も住んでいないアパートに、ぽつんと私だけが住んでいるのです。だから夜も静かだし、騒音もなくしっかりと寝れるのです。
「だったらいいじゃない」と友人は言いますが、少し怖い気がしてきました。何かがあるのでしょう。

結婚して引越する場合は>>>新婚 引っ越し費用

引越した先には誰も住んでいません

| コメント(0)

私はずっと住んだアパートを出て、もっと新しいアパートへ引越したのです。でもそこへ行って驚きました。そこには誰もいないのです。
引越し業者さんも言っていました。「とても静かなアパートですね」それもぞのはず、誰も住んではいなかったのですから。
私は軒数分の挨拶の品を持って、一軒一軒回ったのです。でもどこも誰も住んではいませんでした。なんとこの二階建てのアパートに住んでいるのは、私だけだったのです。
まだできて一年も経っていないアパートです。とてもきれいで、家賃だって相場よりも安かったのです。それなのに、なぜか誰も住んでいません。
これはとても不思議な事だと思います。管理会社に聞いてみたのですが、まだできたばかりだからだと言われました。それしか言われなかったのです。
でもここはとても交通機関も充実しているし、スーパーもいくつもあります。とても住みやすいところなのです。
それなのに、これはとても怪しいと思います。誰も住んでいないアパートに、ぽつんと私だけが住んでいるのです。だから夜も静かだし、騒音もなくしっかりと寝れるのです。
「だったらいいじゃない」と友人は言いますが、少し怖い気がしてきました。何かがあるのでしょう。

結婚して引越する場合は>>>新婚 引っ越し費用